みんなのマレーシア

日本人の移住者・駐在員・観光客に向けたマレーシア情報サイト

【ランカウイ島旅行・ホテル】日本も見習いたい!トラディショナルな雰囲気なのに最新技術を駆使したおもてなしが凄すぎる『The Datai Langkawi』

ついにランカウイ島へ旅行に!お友達から「ダタイはすごい」「お姫様の気分になれる」「絶対行ったほうがいい」と評判の高い『The Datai Langkawi』というホテルに宿泊しました。これが本当に凄すぎた!!!予約から滞在、帰宅までをまとめます😆 お酒の持ち帰り、空港でのトラブルも多いので参考にしてください♪

予約

ランカウイ滞在の約3週間前にホテルを予約しました。1泊RM2050(朝食こみ)。
ダタイの部屋は大きく分けて3種類。本館にある「キャノピーコレクション」、森の中にある「レインフォレストヴィラ」、海近くの「ビーチヴィラ」。お値段は順番に高くなります。私たちは雰囲気もありつつ、お値段が高すぎない「レインフォレストヴィラ」を選びました。

ちなみに航空券はTrip.comで。行きはマレーシア航空の早朝便、帰りはエアアジアの深夜便です。土日の1泊だったので出来る限りランカウイに滞在できるようにしました。もっとも安価な受託手荷物なし、手荷物も各7kgの往復5000円の航空券です。「ランカウイは免税!」ということでお酒をお土産に考えている人もいると思います。意外にもお酒は預け荷物に入れられないので、お土産での購入を考えている人も受託手荷物なしの安価な航空券で大丈夫です!

また、ダタイは空港からホテルへの送迎が付いているので現地でのレンタカー手配は不要です。(ダタイから市街地へ遊びに行く予定のある人は別)

前日

出発の前日にダタイからメールが入ります。以下を確認されます。

①往復の飛行機の時間(送迎のため)
②パスポート番号
③ベットの種類。ダブルorキング
④食事の制限はあるか

そしてダタイ公式アプリのダウンロードの案内、ホテル内のドレスコードの案内が記載されていました。

アプリではダタイにあるアクティビィティやレストランを知ることができ、ぜひ事前にダウンロードをして予習することをお勧めします。また、基本的にレストランは襟付きのシャツやポロシャツの着用を求められ、短パンが不可になるので、用意のない方はお早めに!!(私たちは前日の夜にわちゃわちゃ買いに行きました)

1日目:ランカウイ島へ出発

【流れ】
①6:40 KLCCの自宅を出発
②7:30 自家用車でクアラルンプール国際空港(KLIA1)着
③7:50 カウンターでチェックイン
④9:00 飛行機発


①②早朝だったので混雑もなくクアラルンプール国際空港(KLIA)に。KLIA1に駐車(1泊分の駐車料金がかかります)。駐車場の上が空港なので階段かエスカレーターで上がります。エアアジアを利用する人はKLIA2発着なので是非間違えないように...。

③チェックイン。預け荷物があるかないかでカウンターが分かれました。もちろん無い方がスムーズ。15分くらいで終了。カウンターのある階の1つ下にスタバもあるので、早く終わっても時間をつぶせます。
*機械の故障で1時間以上かかった、という人もいました
エアアジアはフライトの1時間前までにチェックインしないと搭乗できないので注意(航空券をその場で買い直したお友達も)

1日目:空港から『The Datai Langkawi』へ

【流れ】
①10:10  ランカウイ国際空港着
②11:00  『The Datai Langkawi』着、チェックイン
③12:00~ のんびり滞在

①問題なく予定通りにランカウイ国際空港(LGK)に到着。マレーシア航空はモニターが付いていたので少しの間映画を楽しめました!預け荷物がないのでそのまま出口へ向かうと、『The Datai Langkawi』の紙を持っている全身白いお洋服のスタッフさんを発見!声をかけると車の方まで案内してくれます。足がすごく早いです。笑

車は黒塗りの高級感のあるお車!
あまり詳しくない私でもソワソワしてしまうような良い車。乗車したら良い香りのするおしぼりをくれました。お水も車内に完備。ドキドキします。

40分ほどで到着しました。トラディショナルな雰囲気の建物。中央に蓮が咲き乱れる池。ここは桃源郷?と思うの美しさです。

②眺めの良い席に案内され、ここでチェックイン。美味しいお菓子にお茶。
ホテルのHPには12時チェックインと記載されていますが、到着後すぐにゆるりとしながら優雅にチェックインできます。

チェックインのスタッフさんが持ってきたのは最新型のipad。パスポートを一瞬で読み込み、データが反映。

そして渡されたホテルヴィラの鍵がこちら。防水!!!接触で鍵が開くタイプです。
トラディショナルな雰囲気のホテルにもかかわらず、必要な快適さのために適度に取り入れられる最新技術に舌を巻きました。

チェックインが終わるとウェルカムシャンパン。遠くに海を眺めながらゆっくり。もうこれだけで十分に満喫した気分です。笑


のんびりを満喫して立ち上がると「お部屋に行かれますか」とすぐにスタッフさんが。小型の車でヴィラまで連れて行ってくれました。

③私たちが滞在した「レインフォレストヴィラ」はこちら。

リクエスト通りにキングベッド。冷蔵庫に冷えたお水やジュースもあります。紅茶やコーヒーも無料です。海へ出かけて帰ってくるとウェルカムフルーツまで。

浴室。洗面台が2つ。中央に浴槽があります。キャンドルとマッチもあるので灯して入ると最高に贅沢な気分になれます。2日目はあいにくの雨でしたが、のんびり雨の音を聞きながらのお風呂も良かったです。

バルコニーです。お猿さんも来ます。ここでの読書も気持ちがいい!

2日目:『The Datai Langkawi』から空港、そして帰宅

【流れ】
①20:00 『The Datai Langkawi』を出発
②20:40 ランカウイ国際空港着、チェックイン
③22:20 飛行機発
④23:30 クアラルンプール国際空港(KLIA2)に着
⑤01:15 帰宅



①20:00 『The Datai Langkawi』を出発
 ダタイのHPによるとチェックアウト時間が15時。私たちのフライトが深夜。2日目の朝食後にフロントで20時まで滞在できないか交渉。確認。なんと「OK」。ヴィラの鍵を20時まで使用できるように変更してくれました。しかも追加料金なしです!神対応...。
20時にフロントで部屋代、ダタイでの飲食代を含めて会計。車を用意してくれて、空港まで送ってもらいました。

②20:40 ランカウイ国際空港着、チェックイン
 チェックイン後、空港でお土産を見てから荷物検査へ。荷物検査後はお土産を買うところはないので、事前に済ませましょう。お酒は手荷物に。

③22:20 飛行機発

④23:30 クアラルンプール国際空港(KLIA2)に着

 エアアジアだったので、KLIA2に到着。ここで私たちは車をKLIA1に駐車したことを思い出します。KLIA1と2はKLIA Ekspresで行き来できますが、最終便が22:15。grabを使いました。深夜なのでたった2kmの距離でまさかのRM40。悔しい。皆さんはご注意ください。*KLIA Ekspresの時刻表:http://kliaekspres.com

⑤01:15 帰宅

最後に

最終的にかかった費用はこちら。

利用したレストランの費用も合わせて合計RM3280でした♪贅沢にリラックスできるホテルで最高でした♡オススメです!
間違いなくマレーシア最高のホテルの1つです!

Copyright© みんなのマレーシア , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.