みんなのマレーシア

日本人の移住者・駐在員・観光客に向けたマレーシア情報サイト

【海外移住】ランキング連続1位の国マレーシア

一般財団法人ロングステイ財団の実施している「ロングステイ希望国・地域」調査において、マレーシアが13年連続1位に君臨していることをご存知でしょうか。今回の記事では、その人気の理由をまとめてみました。

ロングステイ財団調べ『ロングステイ希望国・地域2018』より引用
http://www.longstay.or.jp/releaselist/entry-3449.html

1. 物価が低い

日本の約1/3程度の物価水準です。いわゆる「衣・食・住」に関わる費用が安く済むので、同じ程度の生活水準であれば、日本にいるよりも金銭的な負担は比較的小さいです。タクシーや電車など、移動に関わる費用も安いです。また、マレーシアに住む日本人はコンドミニアムという、日本で言うタワーマンションのような建物に住むことが多いのですが、日本と比較してとても家賃が安く済みます。しかも、基本どのコンドミニアムにもジムとプールがついています。ただ、もちろん都心部や中心街の人気物件の中には家賃相場が高いものはあります。また、日本産のものなど、日本から輸入して販売されている商品の値段は輸送費が含まれる分、多少高価になるものもあります。

2. 気候が温暖

マレーシアは1年中温暖な気候です。地球の歩き方のデータによると、日本の一番暑い時期が年中続くイメージですね。ただ、実際に住んでみると体感温度は、日本の真夏日よりも低いです。日本ほど湿度が高くなく、ジメジメとした暑さはありません。また、夜は涼しいことも多く、風通しを良くしておけば寝る時にエアコンは不要な日も多いです。ただ、日本と異なり、雨季には毎日のようにスコールが降る点には注意が必要です。

地球の歩き方「マレーシアの気候と天気」より引用
https://www.arukikata.co.jp/weather/MY/

3. 料理が美味しい

食べ物は大事ですよね。マレーシアは多くの人種が集まる多民族国家であるため、様々な国の料理を食べることができます。もちろん、日本人がよく住むエリアの周辺や都心部には日本食のお店も数多く存在します。値段はローカルフードよりは高くなってしまいますが、東京と同程度の感覚です。また、日本の食材やお菓子、お酒、調味料などを扱っているスーパーもあるため、料理に関して困ることはありません。ただ、ローカル料理は美味しいのですが、基本味付けが濃く、しょっぱい、甘い、辛い、油っぽい料理が多いため、野菜を意識的に取るなど、健康には気をつける必要があります。

4. 商業施設が充実している

他の記事でも紹介していますが、大型のショッピングモールが沢山あります。そのため、生活に必要なものはたいてい簡単に手に入れることができます。また最近は、LAZADAというAmazonのようなアプリでネットショッピングも快適に楽しむことができます。

5. 治安が良い・親日国

治安は他の国と比較しても、高水準にあります。実際、筆者も今まで一度も危険な思いをしたことはありません。多くの観光客の集まる観光スポットや、人通りの少ない夜道などに注意していれば特に問題ありません。これは外国に限らず、日本にいても同じことですね。

また、比較的マレーシア人は日本人に対して良い印象を持ってくれていることが多いです。これは歴史的な背景もあれば、多くの日系企業が進出していて日本人と関わることや日本の料理や商品に普段から慣れ親しんでいるということにも起因していると思います。ただ、カタコトの日本語でやたらとフランクに話しかけてくる強引な客引きには少し注意した方がいいかもしれません。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

Gurao & あり。

マレーシア在住の夫婦が「もっと早く知りたかったなぁ」と思ったマレーシア情報を発信しています☺️

Copyright© みんなのマレーシア , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.