みんなのマレーシア

日本人の移住者・駐在員・観光客に向けたマレーシア情報サイト

【ガソリンスタンド】日本と違う!マレーシアでの利用方法解説!

ガソリンスタンドの利用方法

マレーシアでのガソリンスタンドの利用方法は日本と大きく異なります。私は初めて使用した時になかなか手間取ったので、この記事で利用手順についてまとめました。具体的には、下記の順番でガソリンを入れることになります。

  1. ガソリンスタンドに入って、空いてるスタンド横に駐車する。
  2. 自分の止めたスタンドの番号を覚えてカウンターへ向かう。
  3. スタンドの番号・入れる燃料の種類・入れる量をスタッフに伝え、150RMくらい渡す。
  4. 自分の車に戻り、燃料を入れる。(店舗によってはスタッフが入れてくれます)
  5. カウンターへ向かい、お釣りとレシートをもらう。
  6. ガソリンスタンドを出る。

前払い制が一番日本と異なる部分ですね!また、上記の手順3において、一般的な乗用車であれば、燃料の種類は「95」、入れる量は「Full」と伝えれば問題ないでしょう。「95」はいわゆるレギュラーガソリンのような位置付けで、どのスタンドでも黄色で示されています。また、会計が終わったら、最後にお釣りが間違っていないか注意しましょう。私は一度、最初に150RM渡していたのに100RMと勘違いされ、あやうく50RM失いそうになったことがありました。

マレーシアの定番ガソリンスタンドは?

下記の4つのガソリンスタンドを街中ではよく見かけます。マレーシアは日本よりも車社会ののため、店舗数は非常に多く、探すのに苦労することはないでしょう。

PetronasやPetronはメンバーズカードがあるため、定期的に使用する場合には作成するとお得です。ShellとBHPetrolについては不明です。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

Gurao & あり。

マレーシア在住の夫婦が「もっと早く知りたかったなぁ」と思ったマレーシア情報を発信しています☺️

Copyright© みんなのマレーシア , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.